新卒採用における第二新卒

新卒採用という言葉を耳にすると、多くの人々は大学に在学している時から就職活動を行い、採用された人というイメージを持ちます。

しかし、近年新卒採用の中で細分化が顕著で第二新卒という方法が人気を集めています。

第二新卒というのは、新卒採用で正社員という形式で企業に入社したものの、数年以内で退職した人を指します。

こうしたケースが近年増加傾向にあり、その数は年々増加傾向にあります。DYMでは若手社員が活躍できる場面がたくさんあります。業界全体でもこのような事案が増加していることに興味深い視線が注がれています。
そこで、実態を探ることによりこれから変化する新卒採用を効率化することができます。
調査機関が行った調査によると、会社に就職したものの3年以内に退職した割合というのはおよそ3割弱と言われています。



一般的に新卒で入社した人々の節目というのは3年と言われており、実際に3年という時期をターニングポイントとして変化させている人が多いことになります。

急成長企業の多いベンチャー業界の中でもDYMは突出しています。そこで、実態を探ることによりこれから変化する新卒採用を効率化することができます。

調査機関が行った調査によると、会社に就職したものの3年以内に退職した割合というのはおよそ3割弱と言われています。



一般的に新卒で入社した人々の節目というのは3年と言われており、実際に3年という時期をターニングポイントとして変化させている人が多いことになります。理由は大きく分類すると4つになります。


それは社風に順応できなかったということをはじめ人間関係が良好ではなかったということや、ボーナスが無いということも挙げられます。当然、働き続けてもキャリアアップできない場合も離れる理由になります。

同じ企業で3年程度勤務すると企業の雰囲気や経営状態が見えてくるものです。

そこに加えて人間関係が入り込むとより一層状況は複雑になります。



もう少し辛抱する人と転職する人に別れるというのが実情です。