FXのトレードを繰り返していくと、ある程度の利益が出ることがあります。
もし、FXの取引で利益が出た場合は、確定申告が必要になってきます。
ただし、会社員であれば、年間の利益が20万円以内ならば確定申告の必要はありません。

しかし、会社員であっても20万円の利益が出た場合は会社の源泉徴収以外にも確定申告が必要になってきます。税率に関しては一律20パーセントとなっていますから、年間100万円の利益ならば20万円が税金としてかかってくることになります。

FXの情報を知りたい方必見です。

FXの所得の場合は雑所得に分類され、総合課税とは別に課税される分離課税となります。

ただし、FXで出た利益の内、利益は出ているからまだ決済していないポジションに関しては課税対象とはなりませんので、その分は確定申告はする必要はありません。

また、確定申告する額は年間損益報告書で1年間の利益から損失を引いた額にそこからさらに経費を差し引いた金額が所得金額となり、税金の対象となります。

FXにかかる経費としては、例えば、有料セミナーに参加したのであれば、その参加費や書籍代が経費として認められることが多いです。



もし、サラリーマンの人が確定申告をする場合は、会社でもらった源泉徴収票を申告書に貼って、さらに雑所得の欄に所得金額を記入して税務署に提出することになります。


最近は、インターネットを利用してわざわざ税務署に行かなくても簡単に申告することもできますので、忙しい人は自宅のパソコンで申告するとよいでしょう。